住宅金融公庫(新:住宅金融支援機構)から、借り換えをするメリット

古い人は、金利の安い住宅ローンとして、住宅金融公庫(新:住宅金融支援機構)を
思い浮かべる事でしょう。
団塊の世代の人なんかの場合、
未だにそう口にするかもしれませんし、自身もローンを返し
続けている状態なのかもしれません。
さらに、金利が安い分だけ、
安定した状態が必要で、公務員だったり、一流企業に勤めていたり
する人の場合、審査が通る事に誇りを感じて、気持ちよく利用している
人も多いかもしれません。
ところが、一歩進んだ知識のある人は、盛んに借り換えをしている
ようです。
理由としては、日本のゼロ金利政策によって、民間の
銀行が住宅金融公庫(新:住宅金融支援機構)より、さらに安い金利で貸してくれたり、
あらゆるプランを用意してくれているからです。
数年前から、
今は、金利が安いので借金をするチャンスと言われていて、ここぞと
ばかりに、利息固定の住宅ローンがもてはやされましたが、その後、
もっともっと利子は安くなり続け、円高がサブプライムローン時の
世界同時株安の時をも凌ぐ価格をつけており、先を見越して固定するより、
臨機応変に借り換えを続けていく方が、はるかに自分にとってメリットである
と、知識がある人は気が付いているわけです。
確かに、借り換えには手数料などのコストがかかります。
しかし、
金利差と残高、年数を兼ね合わせてシュミレーションすれば、
絶対に得だと感じる銀行が見つかるはずです。
各銀行のホームページで
数字を入力してクリックするだけで、簡単にシュミレーションをする
ことは可能ですしね。
そして、見逃せないのがプランです。
例えば、
指定された銀行の口座に貯金をすると、その額の分だけ利息が軽減される、
つまり、繰上げ返済と同じ効果を発揮するというプランを用意している
銀行もあります。
これは、利子が高いとか安いとかの次元を超えていますよね。
貯金と
繰り上げ返済の両方を出来るのですからこれほど借り換えのメリットを
感じさせてくれるものはありません。
そして、複数の金利を組み合わせた
借り入れが出来るとか、もしもの時に、住宅ローンの負担を減らす
事が出来るとか、自分の生活が忙しく、店舗までいけないけど、借り換えを
したいとかあらゆるニーズに応えてくれるプランを用意している銀行も
あります。
希望やワガママに対応してくれるプランを用意してくれている
ので、むしろ利用しない理由が見つかりませんよね。
さらに、金融に詳しい
人なら、金利の底を見越して、超長期の固定金利に対応している銀行で
借り換えするのもありですよね。