住宅金融公庫でフラット35に借り換えましょう

住宅ローンの借り換えを検討している方は、住宅金融公庫のフラット35に借り換えてみるとよいでしょう。
フラット35には、いろいろなメリットがあります。
一番大きなメリットは、この住宅ローンが最長35年の長期固定金利であることです。
一般的な住宅ローンには、金融情勢の変化に応じて定期的に金利の変動がある変動金利型と、固定金利期間選択型の二つがあります。
変動金利型の住宅ローンには、高金利時に借りると将来の金利の低下に合わせて返済額が下がるというメリットがある一方で、低金利時に借りると、将来の金利の上昇と共に返済額が増えるため、借入時に将来の返済額が確定されないというデメリットもあります。
一方、固定金利期間選択型の住宅ローンには、高金利時に借りると将来の金利の低下に合わせて返済額が下がるというメリットがありますが、低金利時に借りると、将来の金利の上昇とともに返済額が増えてしまうため、ある一定期間の返済額は確定することができても、固定金利期間終了後の返済額が確定されないというデメリットもあります。
されません。
これに比べてフラット35では、ローンを組むときに毎回の返済額が確定していますので、金融情勢の変化により返済額が上下することがないため、計画的な返済を行うことができるという大きなメリットがあります。
低金利のときにフラット35でローンを組むと、その時の返済額で将来もずっと返済していくことができますので、将来にわたって低金利に基づく返済額を確定することができるのだそうです。
さらに、「ずっと同じ金利では、また金利が下がったときに不利になるのでは」という心配がある人向けには、返済期間が10年経過した時点で金利が変更される「段階金利」という金利を採用したフラット35もあるそうです。
フラット35は、「毎月ローンの返済額が変わってしまうのは困る」という人や、「金利上昇で返済額が増えるのは嫌」という人にぴったりなローンだといえます。
また、フラット35は保証料0円、繰上返済手数料0円なのも魅力の一つです。
普通の住宅ローンでは保証料は 約50万円かかってしまいますが、フラット35ならこの代金がかからずにすみます。
さらに、通常では3150円から53500円もかかる繰越返済手数料も、フラット35なら払う必要がないということです。
住宅を建てるときは火災保険や引越費用、税金など<住宅取得価格の10%程度の初期費用がかかってしまうので、その一部でも節約できるのはうれしいですね。